『東京で北斎を楽しむ』

2017/11/30 Thu 15:11



おとといから、障害児関係の仕事で東京に来ています。今日は福岡に帰るだけなんですが、その前に上野に出かけてきました。

国立西洋美術館で『北斎とジャポニズム』 、東京都美術館にて『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』を観てきました。両方とも、同じテーマです。

これまで 直接見たことのない北斎の作品を、たくさん観ることができました。どれも、スマートでモダンでシャープ。描かれているものには動きがあって、風の強弱も感じられて、素晴らしかったです。

緑の多い東京では、移動するだけでも車窓で秋の紅葉を楽しむことができました。満足して、これから福岡に帰ります。☆

『お相撲観戦』

2017/11/25 Sat 15:19



毎年 秋には定例の行事が幾つかあるんですが、そのうちのひとつが、相撲の九州場所観戦です。

私達のNPOを阿武松(おおのまつ)親方が応援してくれるので、お礼のつもりで観戦に行ったのがキッカケですが、今では楽しみにしています。
今年は、初めてこずえさんも一緒に行きました。彼女も特に興味なかったのにしっかりはまっていました。

相撲は一瞬で決まったりするのに、そこまで盛り上げる一連のデモンストレーションの流れ……ぶつかり合う迫力……行司さん達の衣装のはでやかさ……きびきびと決められた役目をこなす人達……歴史の重み等々。なによりも、会場のお客さんたちが、まるでお相撲さんの身内であるかのように、喜んだりガッカリするその一体感がなんともいえません。

応援している相撲部屋があるおかげで観ていて力が入るし、力士さん達の成長が楽しみでもあります。☆

『こずえさんとバザーへ』

2017/11/22 Wed 09:08



こずえさんがカレンダー作りを手伝っている施設の主催で、感謝祭(バザー)がありました。開設当初から関わっているのですが、今年で満9年になるそうです。

私も一緒に久しぶりに出かけましたが、大盛況でした。 新鮮なお野菜がよく売れてましたし、カレーも美味しかったし、手作りの商品もたくさん並んでいました。

舞台まであって、地域の方々が 次々に登壇して、歌や踊りを披露しておられました。 写真は 二人のお婆様達による手品の様子です。「 皇后さまと同じ歳です」 と言ってありましたが、芸名は『妻のかがみ』だそうです。
お年寄りのスロースピードでユーモア交えて進む様子が微笑ましかったし、それを近所の子供達が最前列で観ている場面は『昭和』の時代がよみがえったようでした。

こずえさんも「あまり売れてないようだから私が買います」と、自分達が作ったキーホルダーを、自分で買っていました。大人になりましたねぇ。☆



福岡市博物館の『神聖 ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展』 に行ってきました 。
アルチンボルドが野菜と果物を使って描いたルドルフ2世像も観てきました。とてもショッキングな作品ですが、実際に観てみると、静かで落ち着いた印象なので、逆に驚きました。

会場には、その作品をもじって野菜や果物を使った映像で、写った人を表現するという、とても面白い企画がありましたよ。来場者が少なかったので、こずえと二人でゆっくり楽しんできました。

このブログでは写真を2枚付けたことがないので、どんな風に載るか(あるいは載らないか)がわかりませんが送ってみます。どちらがこずえで、どちらが私か、一目瞭然なのが、またおもしろい。

その他の絵画や工芸品も素晴らしかったですよ。12月24日まで。☆

『まどか文化祭』

2017/11/03 Fri 17:25



明日からの2日間、4日(土)と5日(日)は大野城まどかぴあにてまどか文化祭です。
今日は搬入でした。準備中の写真です。見てすぐにわかりますが、こずえのは写真の真ん中の作品です。

これは、今年の二科展デザイン部で準入選の作品で、タイトルは『蝶よ花よ』。
気の強そうな猫のお母さんが、わんぱくそうな男の子(子猫)をおんぶしています。ねんねこの柄はなぜか骸骨になっている。光が反射して良く見えませんが、上にはブルーの蝶と、黄色の花が浮かんでいます。へんてこですが、こずえらしい作品です。

まどかぴあでの展示は5日の16時まで。
それから、レ・グランでのカレンダー展も同じ5日(日)の18時までになっています。☆
 | TOPページ |