『ディック・ブルーナ展』

2017/06/26 Mon 08:03



こずえさんに誘われて、天神イムズ8階で開催中の『シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展』を観に行ってきました。こじんまりした展示会ですが、感動しました。

ブルーナの絵本のうさこちゃん(ミッフィー)シリーズのおかげで、こずえの読み聞かせがスタートできたので、大恩人の作家なんです。

あのシリーズができるまでには、すでにブルーナは何千というデザインを描いていました。沢山のデッサンの後で、余計なものを極力削ぎ落として、作品ができあがるそうです。

シンプルなのに表情豊かな作品が愛らしいのと、ブルーナが誠実に仕事をしていたことが伝わってきて、幸せな気持ちになりました。
今年の2月に亡くなったそうですが、晩年のブルーナおじいさんも幸せそうでした。

7月2日(日)まで開催されています。☆

『上海に行ってきました』

2017/06/19 Mon 10:01



6月9日から4日間、『城戸佐和子展イン上海』の企画のために上海に行ってきました。こずえがお世話になっている先生の作品が、上海風月舎画廊にて7月5日まで展示されています。

画廊のオーナーは日本人の方ですが、長い年月をかけて中国の人達と信頼関係を築いておられました。

建物を観るのが好きな私は、その点でも大満足の上海でした。

まず、立ち並ぶ高層ビルのゴージャスなことに驚きました。土地が広くて密集していないので、一つ一つのビルの輪郭がきちんと見えます。しかも広告がないので、ビルそのものの美しさを堪能できます。

フランス租界にも行ったのですが、街全体が100年前のフランスでした。石造りの建物の一つ一つが丁寧な作りです。広い道路の両脇は、立派な並木道になっていました。

写真は、1600年頃に立てられた建物と庭園がある予園という場所です。小さなレンガを敷き詰めた地面、家具と建物は一体になった芸術で、するどく尖った屋根の先まで神経が行き届いています。

なによりも、食事がお野菜たっぷりで美味しくて、満足して帰ってきました。☆

『ミュシャ展へ』

2017/06/01 Thu 06:41



長女と二人で、東京ビッグサイトのデザインフェスタに出店して頑張った(楽しんだ)後、お疲れ会として国立新美術館のミュシャ展に行ってきました。

月曜の朝だというのに、なんと入場に100分待ちだったんです!! 福岡人の私としては、一人だったら多分帰ったところですが、待ったかいがありました。

ミュシャのいつもの花と女性を扱った上品なポスターなら何度か観ていましたが、今回はチェコ国外では世界初公開という『スラヴ叙事詩』のシリーズです。写真を観てもわかるように、その大きさに圧倒されました。

民族の歴史からその精神を反映した大作群なのに、当事は祖国の人々から認めてもらえず、最後にはナチスに拷問されて体調を崩して、ミュシャは亡くなったそうです。
でも、これらの作品を観てると、彼は自分の人生に勝利してますよね。行って良かったです。☆
 | TOPページ |