ハワイ在住の浅井力也さんの絵画展が、福岡県立美術館で4月2日まで開催中です。「かやのや」のダシで有名な久原本家が主催している「くばらだんだんアートの世界展」と同時開催です。

ドキュメンタリー映画が開催されるということで、観に行ってきました。力也さんは脳障害ですが、こずえさんと同じ年齢なので、予想通りに大変近親感がわきました。お母様の浅井美和子さんとも少しお話させていただき、同じ時代に苦労した自分と同じ空気を感じました。
浅井美和子さんが息子さんとかわす会話のやり取りは、私たちには聞き取れないけどすごく自然で楽しそうです。もちろん、ひたむきでエネルギー満々でここまで来られたのですが、その自然な雰囲気は「会って良かった」と思わせるものがありますよ。

お母様の講演会が4月1日(土)14時からありますので、お知らせします。(13時から整理券配布) ☆



今回のかきはちでの個展に関して、 西日本新聞と毎日新聞にそれぞれ載せていただきました。

そして昨日の23日には、西日本新聞に こずえの絵の師匠である松澤佐和子先生に関しての記事が載りました。『女性アート指導者 地域に根付く』というテーマで、大きく紹介されています。そして、その生徒の代表で私達親子のことも記事として載せて頂いております。

さて、今日の写真は、こずえさんの最近の作品で、かきはちで展示中です。背景の木の年輪のような模様が面白い。 タイトルは『夢』。猫を描いた作品が多いので、タイトルには困っているそうです。☆


早良区藤崎のかきはちでの個展が、スタートしました。前回のお知らせの時は、どんな感じになるか自信なかったんですが、意外とたくさん展示できましたよ。和菓子屋さんですが、ちょっとしたギャラリーに負けていません。

ありがたいことに、期間も4月6日(木)まで延長していただきました。
朝も10時から、夕方18時までになっています。
かきはちの場所は
福岡市早良区藤崎1-15-14
電話0928321717
駐車場は4台あります。

11日は、西日本新聞のふくおか都市圏のページに写真付きで載せていただきました。昨日は、12月のアクロス個展にたまたま来られた人が、その記事を観てわざわざ来ていただきました。
かきはちの方も大変気持ちよく対応していただき、とってもありがたいです。

写真は、最新作の『花ライオンの咆哮』です。白ライオンのたてがみを花にしたそうです。ライオンに吠えられてもキョトンとしている子猫が、かわいい。
かきはちで展示中です。☆
 | TOPページ |