スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『二科会授賞式・祝賀会』

2014/09/29 Mon 09:04

昨日は、天神の西日本新聞会館にて二科会デザイン部の福岡支部主催で、授賞式・祝賀会がありました。こずえと二人で出席しました。キチンとはしてましたが堅苦しくなくて、居心地良かったです。

デザイン部だけの数ですが、出品数は全国で1800点、そのうち入選は333人。初入選は145人だそうです。福岡支部でも、入選者16名の内、初入選の人が半分の8人もおられます。入選を続けるということが、難しいことを実感しました。
デザイン部会員の先生方が、次の人材を育てたいと願っておられる気持ちを感じて、ありがたかったです。

我らの師匠の松澤先生に感謝して、来年の二科展100周年に向けてまたがんばろうと、二人で心して帰りました。☆


スポンサーサイト

『大成功で終わりました』

2014/09/26 Fri 17:21

おととい 24日で、春日市ふれあい文化センターでのコミュニケーション・アート展が無事に終了しました。ギャラリー来場者、ワークショップ参加者、講演会出席者を含めると1000人以上の人に足を運んでいただき、大成功に終わりました。
昨日は、皆で搬出をして、私の仕事として物品販売の売上げ計算をしました。過去最高の売上になり、障害のある作家さん達へ、ある程度の代金を支払うことができそうです。

一番良かったことは、NPOの会員さん達(主に作家の保護者仲間)のつながりが強くなったことです。搬入搬出も大勢参加してくれましたし、3時間ごとに2人づつ受付をお願いしましたが、皆さん積極的に取り組んでいただきました。

勝手ながら、会員の皆さんが感じてくださったことを、以下のように都合よく想像しています。
コミュニケーション・アートがNPO法人として立ち上げたことを実感できたこと。その自分達の組織が勢いをもって活動しており、地域に認識されようとしていること。社会に支えてもらうNPOであると同時に、社会を元気にするグループでもあるということ。

忙しかったけど、何よりも楽しく活動できた1週間でした。
いよいよこれから!です。☆


昨日は月曜で展示会場がお休みでした。間違って行かれた人もおられただろうなぁ。

たまたま昨夜は、ソプラノ歌手佐藤しのぶさんのコンサートに誘われて出かけました。
「今夜はオペラを知らない人のために来ました」と言われ、オペラを分かりやすく説明していただきながら、誰もが知っている『カルメン』や『蝶々夫人』を聴かせてくれました。童謡も歌ってくれましたが、一番聞き惚れたのは『アベマリア』でした。とても優しい高音の響きでした。

最後に『オペラは生きる姿勢です』と言われましたが、その言葉に納得する舞台でした。

『山場を越える』

2014/09/21 Sun 17:57

今回開催中のコミュニケーション・アート展は、NPOとして今年一番の大きなイヴェントです。そのなかでも昨日は、特に山場でしたが、最高の形で超えることができました。

会場の都合で、講演終了して同じ会場でワークショップまでの時間が30分しかありませんでした。でも、講演を聴きたい希望者が多いようだと、春日市が講演会場を広い会場の方に(前日になって)変更してくれました。 それでワークショップの準備もゆとりを持ってできて、全体がスムーズに流れました。
手話付きのジョイント講演も順調に進みましたし、個性的なフィッシュさんの羊毛ワークショップも楽しそうに盛り上がっていました。

グループ展来場者は昨日だけで250人以上だったんですよ!
朝からてんてこまいだったけど、遠方から来ていただいた友人と有意義な話をすることもできました。☆


昨日のグループ展初日は、鍵を預かってシャッターを開けるところからスタートしました。どこに鍵穴があるかわからずオロオロしてたら、こずえさんから「お母さん、おちついて!!」と、声がかかりました。いつの間にか、立場が逆転してます。

昨日はケーブルTVのインタビューもありました。
こずえさんとその他3人の作家達がインタビューを受けました。最初は2人の予定だったんですが、予定外に家族と一緒に来てくれた弟くんと、タイミング良くお父さんと来てくれた作家さんが加わりました。
放映をみたら、皆さんバッチリでしたよ。

写真はインタビューを受けてる最中のこずえさんを、遠くから撮ったものです。


 | TOPページ | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。