『冬の終わり』

2014/02/28 Fri 09:26



いつの間にか2月も最終日。

いつもこの時期には、大きなしだれ梅のある気に入りの喫茶店に2回は行って、友人とおしゃべりしながら、五分咲きと満開を楽しんでいました。
でも今年は、やっと駆け込んで、1人で30分だけ満開の梅を楽しみました。

こずえさんを誘いましたが「私は太宰府で充分楽しみました」と、あっさり断られた。

梅は、晴天よりも曇天の空に似合うことを発見。

明日から、いつもにも増して忙しい3月に突入です。☆

『アイコンを取り戻す』

2014/02/26 Wed 09:17

長女がいつの間にか、私のブログの文章をフェイスブックにも載るように設定をしています。⇒長女が親切に設定してくれました、に訂正です。
(^0^)
どうでもいい文章は載せにくくなったなぁ…と思いながら、どうでもいい文章を書いています。

パソコン上にいつもあるはずのものが、いつの間にかなくなっているということが時々あります。
長女からは「勝手に動くことはありません。お母さんが動かしていたはずだよ」と言われますが、いつもまったく覚えがありません。

そうして今朝は、インターネットにつながる大事なアイコンが『行方不明』になりました。
焦りましたよ~
で……基本の『スタート』から開いて、インターネットのアイコンを『発見』して、無事にタスクバーに『取戻し』ました。
やったね!!
ということで、無事に書かせてもらっています。☆

『町内の人達から』

2014/02/23 Sun 17:54

NPOの例会も無事に終わって、公民館の作品展の搬出に行ってきました。
毎回出品して、もう10年以上になります。

作品を片づけていると、同じ町内の人に違いないけど 知らない人が何人も声かけてくれました。
「色が素晴らしいですねえ」
「今度はどんな作品か楽しみにしていましたよ」
「若い人の発想は違いますねえ」

素朴な感想なんですが、近所の人達の言葉は なんか親戚の人から言われたような温かいものがありました。☆
日本野鳥の会のTシャツデザインコンテストに、こずえのNPO仲間の太田宏介さんの作品が優秀作品に選ばれました。
そのTシャツができるので先行予約をとることになり、長女に予約販売申込書を頼みました。
情報は少ししか提供していないのに、ちゃんとした申込書を作成してくれてネットで送ってくれました。
印刷して二人でながめながら、こずえさんが一言「さすがお姉ちゃんだねえ」。

今日、私は同じNPO仲間吉田圭佑君の個展開催ギャラリーでのミニコンサートにでかけた後、近所の公民館にて町内の作品展があるので、午後は搬入です。

こずえさんの方は、一人で優雅に大宰府へ梅を観に行くそうです。
よかね~~。☆

『月曜はアジ美へ』

2014/02/19 Wed 10:01

こずえが「どこか行きたいなあ」という時は、まず美術館、ついでデパート等の展示会、そして天神や博多駅周辺という順序になります。

おとといの月曜にはその気になっても、美術館といえば福岡アジア美術館しか開いていませんでした。
それで、アジ美で開催中の『東京・ソウル・台北・長春ーー官展にみる近代美術』に行ったそうです。
こずえさんにとっては、そんなに個性的な作品群ではなかったようで、印象に残ったのは少なかったみたい。
でも、「私はこれが一番気に入った」と指差したのは、やはり動物(牛)を描いた作品でした。☆
 | TOPページ | Next »